更年期障害の年齢は、いつごろから始まって、いつ終わるの?

更年期障害というと女性だけでなく、近年では男性にもあるということが知られるようになってきました。

更年期障害になることは年齢を重ねることで起きる体の変化によって起きるものですから、仕方のないことであるということも理解されてきています。

ですが実際に年齢を重ねてくると自分が、いつ更年期障害になるのだろうと不安を感じることもあります。

また更年期障害になっている時には、いったいいつ終わるのだろうという不安を感じることもあります。

更年期障害が、いつ始まり、いつ終わるのかがわかっていればその年齢に近づいたらある程度の覚悟を行うこともできます。

ところが残念なことに更年期障害になる年齢は、人それぞれで、いつから始まりいつ終わるのかは、はっきりとはわかりません。

更年期障害が起きる、おおよその年齢は?

更年期障害が起きる年齢は人によって違い、いつから始まりいつ終わるのかはわかりません。ですが、おおよその年齢ということであれば、45歳ぐらいから55歳ぐらい目安になります。

この年齢は女性が閉経する平均的な年齢が50歳前後となっているために、この年齢が更年期障害の始まる目安の年齢となります。

しかし、実際には、人によって年齢にはかなりの差があり、中には20代や30代でなる人もいるため、あくまでも目安でしかありません。

また更年期障害が終わるのが、いつになるかも人によって違いがあります。

数週間で終わる人もいれば、数年と長くなる人もいますから、いつ終わるのかは終わってみないとわかりません。

更年期障害で問題となるのは年齢ではない

更年期障害がいつから始まるのか、不安を感じているという人もいますが、更年期障害になる年齢というのは決まっているわけではありませんから、あまり気にしすぎてもよくありません。

というのも不安を感じたりすることはストレスとなり、ストレスがたまることでホルモンバランスが崩れやすくなるからです。

更年期障害は簡単に言うとホルモンバランスが崩れてしまうことが原因です。不安な気持ちの状態を続けてしまったり、考え込んでしまったりすることはよい状態とは言えません。

何より更年期障害は、必ずしも大変な思いをするというわけでもありません。始まる年齢も終わる年齢も人それぞれであれば、その症状も人それぞれなのです。

中には自分に更年期障害があったのかすら、よくわからないということもあるのです。

更年期障害の主な症状とは?

更年期障害には、どのような症状があるのでしょうか?以下に代表的な症状を挙げておきます。

  • 顔や体のほてり(ホットフラッシュ)
  • 多量の汗をかく
  • のぼせ
  • 倦怠感、疲れやすい
  • めまい、ふらつき、耳鳴り
  • むくみ
  • 冷え

このように更年期障害の症状には代表的なものがあります。ですが誰もが同じ症状を感じるわけではありません。

人によって感じる症状も違ってきますし、程度も違ってきます。症状の軽さや重さは、人によって感じ方にも違いがあるために全く違ったものと考えることもできます。

中には精神的にもつらい状態になりうつ病などになることさえあります。ですが、このようなことはあくまでも一例であって、決して誰もが同じようになるというものではありません。

ですから、あまり心配しすぎないようにすることも大切なことです。また、更年期障害は治すというものではありません。

症状によって対処療法で症状を抑えることは、できますからあまり心配しすぎないようにすることが大切なのです。

年齢を心配するよりも更年期障害について理解しよう

40代に入ると女性の中には、更年期障害を心配することがあります。ちょっとしたことで、そろそろ更年期障害とか出てくるのかななどと不安を感じてしまうようなこともあります。

しかし、不安を感じるのは更年期障害が苦しいものであるというイメージを持っているからということもあります。

しかし、本当に更年期障害は苦しいものなのでしょうか?これは実際になってみないとわかりませんから不安を感じるような必要はないのです。

不安を感じるのであれば、きちんと更年期障害がどのようなものかを理解しておくことが必要です。

どういったものであるのかも、わからないままに更年期障害という言葉に不安を感じてしまうことはストレスにもなりますからやめましょう。

更年期障害を正しく理解すれば年齢も怖くない

更年期障害は、様々な症状が出ますが、その症状は人によって全く違いますから、正しい知識を身に着けることが大切になります。

どういったメカニズムで症状が現れるのか、どういった症状があるのかといったことや症状が出てきたときには、どのように対処したらよいのかといったことを正しく理解することが大切なのです。

きちんと理解すれば更年期障害も決して不安を感じるようなものではないということがわかりますし、仮に重い症状が出てもそれを抑える薬などもあります。

何よりも更年期障害は一度出たらずっと付き合わなければならないというものではありませんから、あまり不安ばかりを感じてしまうことのないようにしましょう。

更年期障害あまり若い年齢なら注意して

更年期障害は、だいたい45歳から55歳ぐらいの年齢で起きるのが平均的で目安となっています。 しかし、この年齢はあくまでも目安であり実際に何歳で出るのかは人によって違ったものになりますが、中には20代、30代で症状が出ると […]

続きを読む